懐かし需要で日本ブランド復活♪〜aiwa物語

aiwa(アイワ)ブランドの栄枯盛衰

1968年、日本発のラジカセを発売したオーディオ・ブランド「aiwa(アイワ)」。ソニーがウオークマンを発売した翌年の80年には、世界最小・最軽量、世界初の録音・再生が可能なヘッドホンステレオ「カセットボーイ」を発売して大きな話題に。
先端的音響技術が評価され、マニアックなフアン心理をくすぐったりもしたが、なんといっても、aiwaの名を当時の若者に印象づけたのがその価格帯だった。有名メーカーの製品に手が届かない人でも買える割安感で、庶民派ブランドとして深く広く浸透していったのだ。

そのaiwaブランドが、2017年秋以降、復活するというので、40代後半〜60代のオヤジたちの間でちょっとした話題になっている。復活の目論見は、そうした「懐かし」需要の喚起と、その年齢ならではの購買力で、子どもや孫へのプレゼント需要をも狙ってのことらしい。

aiwaブランドの歴史をひもとくと、2000年代に入り、デジタル化・IT化の波に乗りきれず、2002年に資本提携先だったソニーが買収し、aiwaブランドでのオーディオ機器販売を続けたものの、なかなか軌道に乗らず、2008年に生産は中止になっていた。

日本発ブランドの価値

今回、aiwaブランドの復活が可能となった契機は、休眠ブランドの獲得・再活用事業を行うリバー・ウエスト社(シカゴ)が、ソニーからアメリカでのブランドを購入したことにある。同社からサブライセンスを受けたハードウエア企業のスタートアップ支援ファンドが、aiwa商標を米国で出願、2015年2月に登録となり、4月からすでに本格的に製品展開。
さらに、日本では、EMSメーカー「十和田オーディオ」(秋田県小坂町)がaiwaブランドの使用権を取得し(商標権はソニーが所有)、17年に子会社としてアイワ株式会社を設立した。つまり、国境を超えた国際的コンソーシアム(協業)によって、aiwaブランドの復活が叶ったというわけだ。

ちなみにaiwaブランドは、日本国内ばかりでなくすでに国際的なものだという。例えばアラビア語エジプト方言で「アイワ」はイエス(はい)という意味で、ソニーよりも知名度が高いとか。中国語では「愛華」と表記し、Ai Huaの発音は中国を愛するという意味を含むそうだ。

新生アイワ株式会社では、旧アイワのもっていた大手メーカーに比肩する技術開発力、そして買い求めやすい価格という、長年培ったブランドの価値そのものを引き継ごうとしている。かつてのロゴの復活もその姿勢のあらわれであり、スタッフには旧アイワ出身者も登用している。9月からCDラジカセ、4Kテレビ、ブルートゥーススピーカーの発売がはじまる。オヤジ世代には何とも楽しみなのである。

特許業務法人プロテック
プリント版ちざいネタ帖Vol/23(2017/7/10)より転載

一枚上を行く商標戦略-資格・検定ビジネス編

山形県の川西町が町産の紅大豆をPRするために「マメリエ」という商標を登録しました。郷土の豆料理を広く知らしめるなど町おこし活動を展開しています。

豆のソムリエ「マメリエ」を商標登録 川西町産をPR /山形
https://mainichi.jp/articles/20170607/ddl/k06/040/034000c

「ソムリエ」に倣った「○○リエ」という商標は、以下のような登録例があります。

ソバリエ 小嶋屋総本店
酢ムリエ オークスハート
ハムリエ プリマハム
タビリエ JTB
シネリエ 松竹
カラリエ 花王
米リエ オギハラ工業
コンクリエ 太平洋セメント
マドリエ LIXIL
飲ムリエ ぐるなび
ネムリエ 丸八真綿
漢ムリエ タキザワ漢方廠
タオリエ 西川産業
ラヂムリエ 三朝温泉旅館協同組合

なかなか面白い造語商標ですね。
しかし、面白い造語で商標登録ができた、と喜ぶだけで終わってしまっては宝の持ち腐れになります。

本来の「ソムリエ」の意味=ワインについての豊富な知識を持ち、レストラン等で客の要望に応えてワインを選ぶ手助けをする専門職=を考えれば、「○○リエ」商標の活用方法のヒントが得られます。

おそらく消費者は、「酢ムリエ」に相談すれば好みにピッタリあった酢を提案してくれる、「シネリエ」が紹介してくれる映画はまずハズレがない、といったことを期待するでしょう。

このように、人々が「○○リエ」商標に信頼を寄せるとき、商標の「品質保証機能」が全面的に発揮されています。

商標の基本的な使い方は、商品・サービスのネーミングとして使用することですが、より上手な商標の活用方法のひとつがこの「品質保証機能」を発揮させることなのです。

一般社団法人 日本野菜ソムリエ協会(http://www.vege-fru.com/)は、商標登録「野菜ソムリエ」(登録4957386号)を持ち、飲食関係者向けに「野菜ソムリエ」の資格制度を実施しています。協会の講座を受講し検定試験にパスした人は、「野菜ソムリエ」を名乗ることが許されます(つまり、商標の使用が認められる)。

健康志向の消費者、野菜を美味しく食べたい消費者は、数ある飲食店や小売店の中から「野菜ソムリエ」の看板を掲げるお店を選んで利用するでしょう。協会の資格制度によって「野菜ソムリエ」の品質が保証されているので、消費者はこれを信用してお店を利用することができます。そういった信用が蓄積することで、商標「野菜ソムリエ」の価値がどんどん上がってきます。そうすると、より多くの人が「野菜ソムリエ」の資格を取得しようということになります。

商標使用によって、商標権者(協会)、商標使用者(お店)、消費者の3者共が利益を得られる構造ができています。これが一枚上を行く商標の活用方法です。

弊所クライアントでも、商標を上手に活用して資格・検定ビジネスをされている例があります。

■終活マイスター(登録5722725号)
一般社団法人日本終活マイスター協会
https://www.facebook.com/shukatsum/

「終活マイスター」は、人生の終わりの段階で、老後の憂いなく残されるであろう家族が心配なく諸事にあたれるよう、生前に対策を打つためのアドバイスを行う専門家です。

■腸トレ(登録5706053号)
一般社団法人腸トレ協会
http://cho-tre.com/index.html

「腸トレ」認定セラピストは、腸の中と外から働きをかけて健康な腸を取り戻し、便秘解消・美肌・ダイエットなど、身体の内側からの健康増進をサポートします。

商標を自分のものと思い込まず、他人に上手に活用させる仕組みを作れば、より大きな利益が得られます。

ヴィジュアル系バンド名の商標公売

2016年9月中旬、ロックバンド「黒夢」の商標権が、東京国税局によりYAHOO!官公庁オークションにかけられていることが報じられた。黒夢といえば、インディーズの世界では名古屋2大巨頭といわれたヴィジュアル系バンド。CD総売り上げも約531万枚。2009年に解散したものの、2010年からはスポット的に活動を再開している。

報道によれば、ヴォーカルの清春が代表を務めていた(有)フルフェイスレコードの法人税滞納により商標権が差し押さえられ、インターネット公売にかけられたもの。オークションを確認してみると「黒夢」「KUROYUME」など4商標がせり売りされ、落札価格合計は140万9000円にのぼった。

この商標権、詳細に見てみると、活動停止宣言後の2007年に「黒夢(呼称=クロユメ、コクム)」(第5106735)を貴金属(第14類)及び被服及び履物(第25類)で出願の後、翌年に同名称をレコード・音楽ファイル等(第9類)や音楽の演奏(第41類)のほか、食器類(第21類)や喫煙用具(第34類)など、10の区分に拡充して出願。つまり、いったん休業宣言したものの、グッズ販売を含めて再起をはかろうとした心意気が見てとれる。

知的財産権は質権設定もできる

芸能人など有名人の芸名や肖像には、パブリシティ権と呼ばれる人格権のもとにあり、今後のライブ活動など普通に用いられる状況で黒夢を名乗ること自体は、実は問題ない。

しかしながら、黒夢と記載したCDやTシャツ、グッズ等の制作・販売に関しては、商標権侵害になる⋯⋯というのが、知的財産法上の原則でもある。

(有)フルフェイスレコードの現社長佐々木氏は、弁護士に一任して対応を進めている旨声明を発表し、落札者からの買い取りを希望しているそうだ。

芸名のパブリシティ権と商標権の関係については、本名で活動し、いったん芸能活動を休止していたアイドルタレント加護亜依が、前事務所で名前を商標登録されていたため、新事務所に移籍するにあたり障壁になった例もある。解釈があいまいな部分もあり、商標権と芸名をめぐるトラブルは、近年いっそう増える一方。ご自身で商標権を取得しておいたほうが安全⋯⋯とアドバイスするほかない。

ところで、今回黒夢が大きな話題になったのは、商標権が国税局の差押の対象であるということだろう。商標権に限らず、特許権など知的財産権(無体財産権)は、質権設定や差押の対象。ただし評価額の設定や、特許の場合は使用権など、価額算定もひとすじ縄にはいかず、実際には課題も少なくない。

黒夢の公売開始価格をみても、商標取得実費程度を設定したかのようにみえる。東京国税庁のオークションにおいても、知的財産権を公売にかけるのは稀なケース。まだまだ売れる、欲しいひとがいるに違いない(債権回収可能と思われる)──著名なバンド&商標なればこそ、ということだったろう。

 

*特許業務法人プロテックちざいネタ帖VOL.14(2016/10/05)より

 

*参考:クロユメが含まれる商標(J-Plat Pat)

 

 

マーケット変化と商標ライセンス

インフルエンザなど感染症対策の第一は、うがいと手洗い。発売以来、日本のうがい薬マーケットを牽引してきた「明治 イソジンⓇ うがい薬」が、来る3月末にライセンス解消というニュースが飛び込んできた。

データベースを確認してみると、イソジンⓇの出願は1960年。出願人は米国系製薬会社のムンディフアルマ社。61年に医療用の殺菌消毒薬として明治製菓(当時)が発売し、83年に市販薬を発売。キャラクター「カバくん」も、85年にはテレビCMに登場し、後に図形商標登録している。つまり、「イソジンⓇ」の名称と「カバくん」は30年以上にわたり、ブランドを育ててきたわけだ。それが2016年4月には、明治は、商標「イソジンⓇ」の名称が消え、「明治うがい薬」の名と「カバくん」マークで独自路線を行く。半世紀以上にわたる関係の解消の背景にあるものは、なんだろうか。

 

明治うがい薬

* 図版:株式会社明治プレスリリース2015/12/9より

報道によれば、ムンディフアルマ社は、欧米を中心に慢性腰痛やがんに伴う痛みの治療薬を販売してきたが、昨年から日本を重点地域に定め、積極投資。その一貫として、すでに日本市場に浸透しているイソジンⓇブランドを自社展開することを決め、シオノギ製薬が独占販売する。フェミニンケアなど幅広い商品を計画しており、菓子や乳業など多様な食品を提供している明治よりも、製薬やヘルスケア商品に特化したシオノギに乗り換えたということだろう。

廃棄不徹底がブランドを傷つけかねない状況が頻発している昨今──。明治のイソジン製品が4月以降は市場に流通しないよう、徹底した在庫回収策がとられることが期待される。

高級感がウリでなくなったとき

商標のライセンス解消といえば、「プランタン銀座」が、仏プランタン社との商号・商標契約を2016年末で終了するというニュースが同じころに届いた。プランタン銀座は、1984年、破竹の勢いだった(株)ダイエーが、安売りスーパーの別業態として、おしゃれで高級なイメージを獲得して開業。30年余を経た現在は、読売新聞グループの会社が運営し、ニトリやユニクロも出店する商業施設になっている。ダイエーの変遷はもとより、その時代の目論見は継続できず、いまや高級感あふれるフランスの老舗百貨店「プランタン」とのイメージの齟齬は否めない。契約期間の満了とともに更新に至らなかったのもいたしかたないことだろう。2017年春の新装開業後は、主婦や訪日外国人需要を含めた幅広いターゲットに訴求する予定だそうだ。

歌は世につれ、世は歌につれ⋯⋯⋯⋯。商標やライセンス契約も「世につれ」というわけ。

*プリント版「ちざいネタ帖 VOL.6」(2016/01/25  特許業務法人プロテック発行より)